知覧の武家屋敷といえば、鹿児島を代表する観光地の一つですが、その一角に、小さな綿畑があります。育てているのは南九州市の地域おこし協力隊員の岩崎泰依さん。3年前に着任し、古くから日本で栽培されてきた和綿の魅力を伝えたいと活動しています。 岩崎さんは、種まきから収穫、糸を紡いで布を織るところまですべて手作業で行っていて、観光客や地元の方々向けの体験プランも実施し …
続きを読む