母娘それぞれの梅仕事② 母は「梅干し」「梅エキス」作り・・

実家の梅の木、今年は豊作で148キロも収穫できました。母は、「梅干し」を25キロ、昔ながらの家庭薬「梅エキス」を作っていました。 実家の梅は、田舎の山に植えられています。 ウグイスが「ホーホケキョ♪」とさえずり、ホトトギ […]

梅実る季節、「梅干し」「梅ジュース」母娘それぞれの梅仕事①

実家の梅の木20本。今年は梅の豊作で148キロも収穫できました。 我が家にも14キロ届き、「梅の甘露煮」「梅みそ」「梅サワー」初めて作ってみました。 鹿児島の田舎の山に、父が定年後の楽しみに植えた20本の梅の木。 父も亡 […]

福岡で「ぐいパンプロジェクト」を立ち上げた 神戸海知代さんpart2

福岡で広告の仕事をする傍ら、手ぬぐいから子供用のパンツを作る「ぐいパンプロジェクト」をスタートさせた神戸海知代さん。 「ぐいパンのおかあさん」という縫製で「ぐいパン」を支える人たちの輪を作り、ファッションデザイン専門学校 […]

福岡で「ぐいパンプロジェクト」を立ち上げた ~神戸海知代さん~part1

東京でコピーライターとして第一線で活躍し、2年半前から福岡で生活を開始。 すぐに女性一人で「かんべ笑会」を設立し、広告の仕事をする傍ら、手ぬぐいから子供用のパンツを作る「ぐいパンプロジェクト」をスタートさせた神戸海知代さ […]

鹿児島の和菓子「あくまき」郷土料理のレシピ

福岡の町中に暮らしていると、こいのぼりが薫風にたなびく姿をなかなか見かけなくなりました。 男の子の健やかな成長を願う端午の節句。庭先にこいのぼりを揚げ、五月人形を飾り、柏餅やちまきを食べる風習があります。 そのちまきと言 […]

九州北部豪雨から10か月 シリーズ4 くつろぎの空間「林檎と葡萄の樹」

昨年の九州北部豪雨で、被害の大きかった福岡県朝倉市の山田交差点を、山の方に上った高台に「林檎と葡萄の樹」という素敵なお店があります。 アップルパイが有名なお店で、前から一度行ってみたいと思っていたのですが、今回、豪雨でお […]

これも旬の味!色が変わる!ツタンカーメン豆ごはん

ツタンカーメン豆というエンドウ豆をご存知でしょうか? 鹿児島の実家の小さな庭に、毎年母が植えているのですが、今年も、収穫の時期を迎えました。 これが、ツタンカーメン豆です。 さやの形はエンドウ豆に似ているのですが、さやの […]

九州北部豪雨から10か月 シリーズ3 水害を乗り越えて!老舗の菓子店「ハトマメ屋」

福岡県朝倉市宮野にある比良松中学校。 筑後川の支川、桂川の護岸がえぐられ、体育館や校舎が今もこのような状況になっています。 また、桂川にかかる橋も、中央に亀裂ができていました。 今も残るこの光景を見て、改めて濁流のすさま […]

九州北部豪雨から10か月シリーズ2 朝倉市山田の被害宅の今

10か月ぶりに我が家へ・・ 先日お伝えした朝倉市山田の産直販売の店「三連水車の里 あさくら」のほど近く、昨年7月5日の九州北部豪雨で被害が大きかった山田交差点のすぐ近くにあるお宅です。 ご家族の方が屋根にペンキを塗る作業 […]

朝倉市の生産物販売店「三連水車の里 あさくら」のGW期間限定の産直マルシェが、福岡市博多区の博多リバレインモールにオープンしています。

昨年の九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市の「三連水車の里 あさくら」。 その被害や、活気を取り戻した今の様子については、先日てのんでご紹介しましたが、今、復興支援の一環として、福岡市の博多リバレインモールで、朝倉の生産者 […]

手ぬぐいで作った「ぐいパン」を販売する、GW期間限定のショップが、福岡市博多区の博多リバレインモールにオープンしています!

こちらが「ぐいパン」! 手ぬぐいを使って作られた、子供用のパンツです。 店頭には、博多の伝統の祭「博多山笠」の手ぬぐいで作られた「ぐいパン」や、さまざまな可愛らしいデザインの手ぬぐいで作られた「ぐいパン」が並んでいます。 […]

九州北部豪雨から10か月シリーズ1 朝倉市「三連水車の里あさくら」

活気を取り戻した「三連水車の里 あさくら」 昨年の7月5日、福岡県と大分県を中心とする九州北部で発生した集中豪雨。 朝倉市では、1時間雨量129.5ミリ。24時間の総降水量が545.5ミリを記録し、どちらも観測史上1位を […]

春の味覚!竹の子レシピ「竹の子のフライ」&「干し竹の子」

春の訪れを感じる代表的な食材と言えば「竹の子」。「筍」とも書きますよね。 筍の漢字の由来は、10日間を意味する「旬」の字からきていると言われています。つまり地上に芽が出てからあっという間(10日間)で竹になってしまうとい […]

「西郷どん」ゆかりの地 太宰府に残る大久保利通直筆の手紙

かつて薩摩藩の定宿だった福岡県太宰府市、大宰府天満宮参道にある維新の庵松屋には、西郷隆盛直筆の手紙と共に大久保利通の直筆の手紙も残されています。 前回、西郷どんの手紙についてお伝えしましたが、今回は西郷どんの盟友、大久保 […]

太宰府に伝わる 西郷どん直筆の手紙

福岡県太宰府市・太宰府天満宮参道の梅ケ枝餅販売と喫茶・土産物店の「維新の庵・松屋。」 かつて周辺は宰府宿・大町旅館街と呼ばれ、宰府(さいふ)参りの門前町・宿場町でにぎわった場所です。 松屋は旅籠、薩摩藩の定宿で、大河ドラ […]

西郷どんの盟友 月照上人の命日に・・

幕末期、幕府に追われている月照上人をかくまった、福岡県太宰府市の松屋。 そのエピソードについては以前お伝えしましたが(西郷隆盛ゆかりの地シリーズ2をご覧ください)、今回は、その縁で今も続く心温まる話をご紹介しましょう。 […]

福岡ソフトバンクホークス優勝祝賀パレードに行ってきました!

福岡ソフトバンクホークス優勝祝賀パレードに行ってきました!

11月26日、午前11時から福岡ソフトバンクホークス優勝祝賀パレードが始まりました。 福岡に来て20年。その間パレードは何回かありましたが、見るのは今回が初めて。 出足が遅かったため、パレードの場所に到着した時はすでに、 […]

武雄神社の御神木「武雄の大楠」

武雄神社の御神木「武雄の大楠」

武雄市図書館に行って、温泉に入る前に、ちょっと立ち寄ってもらいたいのが、「武雄の大楠」です。 武雄市図書館に行く4日前の今月6日、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」をたまたま見ていたら、ゲストの俳優ムロツヨシが地元の人たちに「 […]

佐賀県武雄市図書館に行ってみた!

佐賀県武雄市図書館。 新しいスタイルの図書館として、全国的にも話題となっているという事で、見学に行ってきました。 図書館の中に入ると、こんな感じ。 開放的な空間。弧を描くようにズラリと並ぶ本。 床や天井など、木をふんだん […]

香りよし!歯ごたえよし!舞茸ごはん!

香りよし!歯ごたえよし!舞茸ごはん!

毎年秋に届く、雲仙きのこ本舗のきのこセット。 朝採りきのこを届けてくれるそうで、箱を開けると、みずみずしいしいきのこ類が顔を出します。 今回は、箱に入っていたレシピ集を少しアレンジした母直伝の「舞茸ごはん」をご紹介します […]

手作りワンピースの贈り物

84歳の母が、結婚式に出席する私の娘のために手作りのワンピースを縫ってくれました。 孫への愛情が込められた、清楚で上品なワンピース。 娘にとって「大事な宝物」になりました。 親せきの結婚式に家族で出席することになりました […]

母の手作り服がよみがえった!

30年程前に、母が私に作ってくれた服の数々。 大事にしまっていました。 中学生の娘に見せたら、「わー可愛い!こんなの流行っているんだよ!」と言って、今、喜んで着てくれています。 「カシャカシャカシャ」 足踏みミシンの音を […]

【レシピ動画】作ってみました にがうりの佃煮

鹿児島の母からたくさんのにがうりが送られてきました。そのことは、「かごしま暮らしのお話」でお伝えしましたが、そのにがうりで作ってみたら?と母がレシピを教えてくれたのは「にがうりの佃煮」です。 にがうりの季節はそろそろ終わ […]

古代からの歴史が息づく太宰府周辺散策・・

太宰府を訪ねた9月下旬、彼岸花が満開の頃でした。 それから季節は足早に移り変わり、最近まで青かった木々の葉も、少しずつ色づき始めています。 少し季節は前ですが、彼岸花の頃、太宰府周辺を散策しました。 観光客の多くは太宰府 […]

西郷隆盛ゆかりの地 シリーズ3 西郷(せご)どんも訪れた「延寿王院」

太宰府天満宮の参道です。 お土産屋や喫茶店など多くの店が並ぶ参道を歩き、ちょうど突き当たった場所に御神牛が奉納されています。 この牛の頭をなでると、頭がかしこくなるといわれており、この御神牛をなでたり、写真を撮ったり、行 […]

西郷隆盛ゆかりの地 シリーズ2 月照をかくまった旅籠「松屋」

福岡県太宰府市にある太宰府天満宮です。 菅原道真を祀っており、全国的にも学問の神様として有名な神社です。 そしてこちらは、太宰府天満宮の参道。最近は中国や韓国など海外からの観光客も多く、1年を通して多くの参拝客でにぎわっ […]

西郷隆盛ゆかりの地 シリーズ1 こんなところに石碑が・・西郷さんの隠れ家跡

来年の大河ドラマは「西郷(せご)どん」 てのんでも、西郷さんゆかりの地をたずねます。 明治維新からちょうど150年となる、2018年の大河ドラマの主役は西郷隆盛。維新の立役者で、情愛が深く、日本の歴史上の人物の中で最も多 […]

お米十粒ほどの雑炊

今回は、戦争中の食べ物について少しお伝えしましょう。 都会に暮らしていた人、田舎に暮らしていた人、住んでいた環境によって少し食料事情も違っていたかもしれませんが、現在の鹿児島県薩摩川内市で戦時中を過ごした母(84)に聞い […]

作ってみました にがうりの佃煮

今週、鹿児島の母からたくさんのにがうりが送られてきました。そのことは、「かごしま暮らしのお話」でお伝えしましたが、そのにがうりで作ってみたら?と母がレシピを教えてくれたのは「にがうりの佃煮」です。 にがうりの季節はそろそ […]

ふるさと 鹿児島からの宅配便

親元から離れて、はじめて一人暮らしをはじめた学生時代、鹿児島からの小包が本当に嬉しかった。 「元気で頑張ってるね?」と書かれた手紙とともに、さまざまな食品、ふるさとのお菓子、そして新しい洋服・・心づくしのものがいろいろ入 […]

爆弾三勇士の話

夏休みの自由研究として、娘が、戦時中に女学生だった方から体験を聞いたこと。そして戦争中の暮らしについて知るために久留米市の平和資料展に行ったことについては、前回お伝えしましたが、その続きです。 女学生の方が、当時の軍事教 […]

見て 感じて 戦時中のくらし

先日は、久留米市美術館で開かれていた星野道夫展についてお伝えしましたが、久留米に行ったのは、もう一つ目的がありました。 戦時中の人々の暮らしを紹介した、「平和資料展 軍都久留米の風景とくらし」を見に行くためです。 夏休み […]

「星野道夫展」に行ってきました。

福岡市から車で一時間ほど。久留米市にある久留米市美術館です。 美術館の庭には、季節ごとに花が植えられ、心が癒されるようなとても素敵な美術館。 こちらの美術館で、現在開催されている「星野道夫展」に行ってきました。 星野道夫 […]

かごしま夏のおもてなし ~孫がやってきた~

この夏、県外から帰省したお孫さんのために作ったお祖母ちゃんのおもてなし料理♪ 見せてもらいました。 社会人になったお孫さんが、「お盆はすぎちゃったけど、日帰りで帰ってくるから~」と。 80代半ばのおばあちゃん。ちょっとキ […]

鹿児島のお盆料理

~鼻つまん団子~ お盆ですね。 小さい頃、お盆に祖母の家に帰ると、祖母や母、おばさん達がお盆の料理作りをするのがいつもの光景でした。 献立は、そうめんの汁、煮しめ、がね(さつまいもが入ったかき揚げ)、鼻つまん団子、といも […]

「てのん」のメンバーが編集した本の取材がMBCテレビで放送されました。

「てのん」のメンバーが編集した本の取材がMBCテレビで放送されました。

~戦争の記憶~私が子供だった頃がMBCニュースの終戦企画の取材を受けました。 鹿児島・南日本放送 夕方6時15分からのワイドニュース「ニューズナウ」で8月17日(木)に放送されました。 この本は、鹿児島のチエおばあちゃん […]

Scroll Up