戦争体験記vol.9台湾での暮らしと引き揚げの記憶 平和を願って生きる

1941年12月8日、太平洋戦争が始まりました。今から77年前のことです。 当時5歳だった方でも現在83歳、戦時中の出来事をかろうじて記憶している世代も高齢となり、その体験談をお聞きして記録に残しておくことは待ったなしの […]

さつまの綿プロジェクト 温故知新で独自の織物を!まさき織物の挑戦

大島紬を生産している鹿児島市のまさき織物。 社長の永長正樹さんは今年、吹上紬というオリジナルの織物を発表しました。 吹上町の休耕地を借りて綿を栽培、収穫した綿から紡いだ糸をはじめ、絹や苧麻(ちょま)など自然の素材だけで織 […]

仕事も旅もバリアフリーに!共生協働社会をめざして活動する紙屋久美子さん

鹿児島市の紙屋久美子さんはパソコンインストラクターで、「eワーカーズ鹿児島」と「かごしまバリアフリーセンター」2つのNPO法人の理事長です。障がいのある方々の「働きたい!」に応える「eワーカーズ鹿児島」と、「出かけたい! […]

バジルペーストでいつもの食材が華やかに ぎゅっとつまったさわやかな香り 

バジルはシソ科の植物で、イタリア料理でおなじみのハーブ。葉をちぎると目の覚めるような香りが広がって、料理に使うと食卓が華やぎます。 鉢でも地植えでも、育てやすくてぐんぐん大きくなり、一株あるととっても重宝します。 初霜と […]

栗の渋皮煮 とにかく手間がかかるけれど…それでも作りたくなる魅惑の味

樋脇町藤本の小さなお店で、つやつやぷっくりの大きな栗を見つけました。 栗を見ると、なんとなく心浮きたちます。 大昔のご先祖様の、実りの秋の幸せな記憶が目を覚ますのでしょうか。つい買ってしまいましたが、栗はそう簡単には実を […]

鹿児島のちいさな秋 身近なところで秋をさがして心さわやかに

鹿児島はこのところ、最高気温が30度を超える日が続き、夏に逆戻りしたよう。それでも、朝夕はひんやりした空気につつまれて、日が暮れるのも早くなり、季節はすこしずつ歩を進めています。あちこちに顔をのぞかせている秋を探してお散 […]

要約筆記をご存知ですか?鹿児島市の要約筆記者・池端てるみさんのお話 

人生の途中で、聴力を失ったり難聴になったりして、話すことはできても聞くことは難しい。そんな方々に、聞こえた情報や話し手の意図をつかんで要約し、最適な文言で書いて伝える、それが要約筆記です。 鹿児島市の池端てるみさんは、要 […]

てのん動画で座談会!おかげさまで1周年!読者とてのんで語りました!

てのん1周年の感謝の気持ちを込めて開いた座談会。 お招きしたのは、それぞれの「人ものがたり」をお持ちの3人の読者です。 てのんレシピのおやつを食べながら、ゆるっとおしゃべりしました。 てのんのこんなところが好き、こんなこ […]

平和について学び考える集い 子や孫たちに伝えたいと始まった手作り講演会

  日置市の伊集院キリスト教会では、2015年8月から毎年、戦争体験をお持ちの方のお話を聞く「平和セミナー」を開いています。 はじまりは、この教会に通う安藤ヤス子さんの思いからでした。ご自身も戦争を知る世代で、 […]

日置市の魅力発信!バリアフリーでおもてなし!誰もが楽しめる旅を届けたい

結婚を機に移り住んだ日置市にほれ込み、観光協会の職員となった古川安代さん。以前は高校の国語の先生でした。人生の様々な経験を経て見えてきた、今やりたいこと。それは、誰もが幸せを感じられる旅を届けることでした。 ひとり旅に心 […]

Scroll Up