これは面白い! 鹿児島の博物館の学芸員さんが書いた本「みんなの西郷さん」

大河ドラマ「西郷どん」が始まり、書店は西郷さん関連の本がズラリと並んでいます。 どれにしようかな~迷ってしまいます。 ふとしたことで手に取った西郷さんが主人公の一冊の本。分かりやすくて、読みやすくて、面白くて…一気に読み […]

梅ほころぶ旧島津氏玉里邸庭園散策

ひと雨ごとに春が近づき、日差しにも明るい光を感じるようになってきました。 寒さ和らぐお天気の日は、ちょっと散歩してみたくなる季節です。 そこで、きょうはあの大河ドラマ「西郷どん」のロケ地にもなった旧島津氏玉里邸庭園をご案 […]

大久保利通直筆の手紙・・・

かつて薩摩藩の定宿だった福岡県太宰府市、大宰府天満宮参道にある維新の庵松屋には、西郷隆盛直筆の手紙と共に大久保利通の直筆の手紙も残されています。 前回、西郷どんの手紙についてお伝えしましたが、今回は西郷どんの盟友、大久保 […]

赤山靭負のお墓を訪ねて

大河ドラマ「西郷どん」で、西郷さんの良き理解者として描かれていた赤山靭負。次期藩主に斉彬を望む家臣たちと久光を推す家臣たちとが対立した、いわゆる「お由羅騒動」で、切腹となってしまいました。 そのお墓は、日置市日吉町にあり […]

太宰府に伝わる 西郷どん直筆の手紙

福岡県太宰府市・太宰府天満宮参道の梅ケ枝餅販売と喫茶・土産物店の「維新の庵・松屋。」 かつて周辺は宰府宿・大町旅館街と呼ばれ、宰府(さいふ)参りの門前町・宿場町でにぎわった場所です。 松屋は旅籠、薩摩藩の定宿で、大河ドラ […]

明治維新・影の功労者 小松帯刀ってすごいんだ! ~小学4年生・川原鉄平くんの歴史めぐり~ 

今年の元旦。桜島から登る朝日です。明治維新から150年目を迎えた鹿児島の夜明けです。 以前、「てのん」の歴史探訪でご登場いただいた川原さんご一家、今年の元旦、家族でこの朝日を拝みました。 向かったのがここでした。 神社参 […]

ぼくのご先祖様・調所笑左衛門広郷さん ~ルーツを訪ねる歴史の旅~

去年の夏 子どもたちと歴史を楽しく学ぶ会で、薩摩の財政改革の救世主、調所笑左衛門さんを取り上げ、調所さんのオリジナル紙芝居を披露しました。 そこにお母さんが調所さんの7代目子孫という川原さんご一家が来ていました。 息子の […]

鹿児島の隠れた史跡・福昌寺跡ゆかりの調所笑左衛門広郷さん!

鹿児島の偉人というと、真っ先に西郷さん、大久保さんをあげる人が多いと思いますが… この人がいなかったら、薩摩の明治維新での活躍はなかったかも… 今回は、薩摩の影の立役者、調所笑左衛門広郷さんのお話をご紹介します。 鹿児島 […]

西郷どんの盟友 月照上人の命日に・・

幕末期、幕府に追われている月照上人をかくまった、福岡県太宰府市の松屋。 そのエピソードについては以前お伝えしましたが(西郷隆盛ゆかりの地シリーズ2をご覧ください)、今回は、その縁で今も続く心温まる話をご紹介しましょう。 […]

隠れた史跡・探訪 ~薩摩の名君たちが眠る福昌寺跡~

来年は、明治維新150年。大河ドラマ「せごどん」も始まり、鹿児島の歴史が注目されそうです。 鹿児島には多くの史跡がありますが、福昌寺跡もそのひとつ。 歴史好きにはたまらない、知る人ぞ知る史跡です。 福昌寺跡は、鹿児島市の […]

西郷隆盛ゆかりの地 シリーズ3 西郷(せご)どんも訪れた「延寿王院」

太宰府天満宮の参道です。 お土産屋や喫茶店など多くの店が並ぶ参道を歩き、ちょうど突き当たった場所に御神牛が奉納されています。 この牛の頭をなでると、頭がかしこくなるといわれており、この御神牛をなでたり、写真を撮ったり、行 […]

西郷隆盛ゆかりの地 シリーズ2 月照をかくまった旅籠「松屋」

福岡県太宰府市にある太宰府天満宮です。 菅原道真を祀っており、全国的にも学問の神様として有名な神社です。 そしてこちらは、太宰府天満宮の参道。最近は中国や韓国など海外からの観光客も多く、1年を通して多くの参拝客でにぎわっ […]

西郷隆盛ゆかりの地 シリーズ1 こんなところに石碑が・・西郷さんの隠れ家跡

来年の大河ドラマは「西郷(せご)どん」 てのんでも、西郷さんゆかりの地をたずねます。 明治維新からちょうど150年となる、2018年の大河ドラマの主役は西郷隆盛。維新の立役者で、情愛が深く、日本の歴史上の人物の中で最も多 […]

Scroll Up