TENON-Channel MBC-HP
「食・レシピ」

豚なんこつのトマト煮 おかわり歓迎!晩ごはんにもおもてなしにもどうぞ!

気がつけば師走もなかばを過ぎ、あれもこれもと、やることがいっぱい、なんだか気ぜわしく落ち着きません。

できれば晩ごはんは、手間をかけずに作りたい!そんなとき、我が家で登場するのが、豚なんこつのトマト煮です。

ぱぱっと仕込んで煮込むだけで、うまみたっぷり、大人も子どもも大満足の一品ができあがります。

パンにもごはんにも、ワインにも焼酎にも合うので、ちょっとしたおもてなしにもいいですよ!

豚なんこつのトマト煮

作り方は簡単!

作り方は簡単!

材料

  • 豚なんこつ    500gくらい
  • トマト      中玉2個
  • 玉ねぎ      1個
  • にんにく     一かけ
  • 赤ワイン     100cc
  • しょうゆ     大さじ1
  • はちみつ     大さじ1
  • オリーブオイル  大さじ1
  • 塩こしょう    適宜

※トマトは、カットトマトの缶詰でもOKです
赤ワインがなければ、酒(塩分の入っていないもの)でも

  1. なんこつに、かるく塩こしょうをふって、10分ほどおきます。(あまり強く塩をつけないで下さいね)
  2.  にんにくと玉ねぎをみじん切り、トマトは皮をむいて一口大に切ります。
  3.  鍋にオリーブオイル大さじ1とみじん切りにしたにんにくを入れて弱火にかけ、しゅわしゅわしてきたら玉ねぎをくわえてじっくり炒め、しんなりしたらいったん火を止めます。
    しんなりするくらいまで炒めますしんなりするくらいまで炒めます
  4. 塩こしょうして10分ほどたったなんこつを、あらかじめ温めたフライパンに入れ、強火で両面をしっかり焼きつけます。(油はひきません)あとから煮るので、中まで火を通さなくても大丈夫です。
    余分な脂をおとして、うまみを閉じ込めます。余分な脂をおとして、
    うまみを閉じ込めます。
  5.  玉ねぎを炒めた鍋に、焼き目をつけたなんこつを入れ、トマト、赤ワイン、しょうゆ、はちみつも加え、ふたをして煮込みます。
    すべての材料を入れたところすべての材料を入れたところ

普通のお鍋で煮込むと1時間半から2時間、圧力鍋では45分ほど、なんこつがお箸で切れるくらいまで煮込みます。

圧力鍋で煮込むとこんな感じです圧力鍋で煮込むとこんな感じです

器に盛り付けたら、刻んだパセリをのせて彩りよく仕上げます。

ワインやパンと一緒にワインやパンと一緒に
雑穀ごはんにのせてどんぶり風雑穀ごはんにのせてどんぶり風

豚肉とトマトが醸しだすうまみと、もっちりとろんとした食感が身上のこの料理、我が家では大人気で、季節を問わずよく作ります。毎回「食べ終わりたくないなぁ。」とつぶやく夫に、笑ってしまいます。

県外からのお客様にお出ししたときには、思いがけず「鹿児島らしいお料理ですね。」といって、喜んで召し上がっていただきました。とんこつやなんこつは、鹿児島ならではの食材で、珍しいのかもしれません。

あわただしい年の瀬、お鍋がことこと煮える音を聞きながら、ちょこちょこ片づけものをしたり年賀状を書いたり、なつかしい人のおいしい笑顔を思い浮かべてみたり…。

そんな時間は、案外心を落ち着かせてくれます。

残り少ない今年の日々を、無理せず元気に乗り切りましょう!

夏から秋に作った保存食!ミョウガの赤酢漬け・しその実漬け夏から秋かけて作っていた保存食。その時期に作り方をお伝えしませんでしたが、食卓の彩りや料理のアレンジに重宝しています。 ミョウガの赤酢...

こんな記事も読まれています



この記事が気に入ったら
いいね ! してね

あわせて読みたい
Scroll Up