ビジネスプランコンテスト募集 MBC-HP
「暮らし」

朝採れ野菜と手作りけせん団子が人気!日置市高山地区に直売所ができた!

執筆:

日置市東市来町高山地区は、住民みんなが知恵と力を出し合って、過疎と高齢化に向き合っています。その取り組みは以前取材させていただきました。

そんな高山地区に5月4日、「高山峠茶屋」がオープンしました。

土曜と日曜だけの開店で、住民のみなさんが育てた野菜やお米、そして婦人部のみなさん手作りのけせん団子が並びます。

以前から計画されていた直売所がいよいよ開店と知り、さっそく出かけてきました。

日置市高山地区はNPO!過疎と高齢化に全員で向き合い、生きがいあります!過疎や高齢化。いずれは誰もが直面するこの課題に、住民総出で取り組んでいる地域があります。 日置市東市来町の高山地区。山あいに、桑木野、...
日置市高山地区はNPO!イベントで魅力発信!移動販売車もやってくる!住民みんなで知恵と力を出し合い、地域と暮らしを守っている、日置市東市来町高山地区。ここには、山のふところに点在する6つの集落があります。...

高山産がいっぱい!

高山峠茶屋があるのは、県道304号仙名伊集院線の伊集院から市比野に向かう途中、高山地区公民館の入り口近くです。

高山峠茶屋

もともとは消防車庫だった建物が生まれ変わりました。

花がお出迎え
旬の野菜やお米が並びます

お店を運営するのは、高山地区の高齢者クラブ、婦人部、農産物出荷者協議会のみなさん。

この日の当番は、高齢者クラブの立和名一子さん、婦人部の野上幸子さん、岸川美子さんでした。

左から岸川美子さん 立和名一子さん 野上幸子さん

オープン翌日だったのでのんびりとした雰囲気でしたが、初日は大盛況で、特にけせん団子が人気だったとか。

訪ねたのはお昼前でしたが残りわずかでした!

けせん団子は、ニッキの香りのする「けせんの木」の葉で小豆のお団子をはさんで蒸しあげる、鹿児島のお菓子です。

さわやかな香りとやさしい甘さ!

高山地区の婦人部のみなさんが、新たな特産品として2018年の9月から作り始めました。

「けせん団子を作るっていったら、けせんの木のある家の人たちがどんどん葉っぱをもってきてくれたんですよ。」と岸川さん。

毎週水曜日と土曜日に、高山地区公民館にある調理施設で手作りしているそうです。

「お団子を作るのもここの店番も、自分の時間はなくなるし大変って言えば大変ですけど、立ち寄って下さったみなさんが喜んで下さってうれしいです。」。
立ち寄って下さったみなさんが喜んで下さってうれしいです。

地元の方が、小腹がすいたと買い物にやってきたり、通りがかりの人が開店に気付いて立ち寄ったり。人の行き来があると、それだけであたりが活気づきます。

お店の外には自由にお茶を飲めるスペースもお店の外には自由にお茶を飲めるスペースも
お店の外には自由にお茶を飲めるスペースも

「きょうの当番だった方がちょっと血圧の調子が悪くて、代わりにわたしが出ました。その日によって体の具合もありますから、みんなで助け合ってやっています。」と野上さん。

お互いの都合や体調を気遣いながら、高山地区に少しでも人を呼び込もうと頑張る住民のみなさん。

まだ少しはにかんだ「いらっしゃいませ!」の声に、こころが和みました。

高山峠茶屋への山道は、若葉に彩られてドライブにはもってこいです。週末、ちょっとのぞいてみませんか。

高山峠茶屋

場所:日置市東市来町養母15819-4 高山地区公民館前
駐車場はお店の前か道路向かいにあります
開店日:毎週土曜・日曜
開店時間:10:30~15:00

こんな記事も読まれています




おすすめの一冊


この記事が気に入ったら
いいね ! してね

あわせて読みたい
Scroll Up