母直伝!にがうりの佃煮のレシピ

今週、鹿児島の母からたくさんのにがうりが送られてきました。そのことは、「かごしま暮らしのお話」でお伝えしましたが、そのにがうりで作ってみたら?と母がレシピを教えてくれたのは「にがうりの佃煮」です。

にがうりの季節はそろそろ終わりますが、佃煮を作ったら、冷蔵庫で一年保存ができるそうです。という事で、作ってみましょう。

母の手書きのレシピ
母の手書きのレシピ

母のレシピ通りに書きますね
広告


(材料)

にがうり  正味1キロ(種を出したもの)

合わせ調味料

砂糖・・・・・・250g・・黒砂糖とザラメを半々にして少し多めでもよい

みりん・・・・・100㏄

酢・・・・・・・50㏄~60㏄

薄口しょうゆ・・40㏄

濃い口しょうゆ・・40㏄

かつお削り節・・15gくらい・・袋のまま少しもみほぐして細かくしてから入れる

※母は、卵大のしょうがを千切りにして入れてみたら、いい香りがしておいしかったそうです。

およそ1キロのにがうり
およそ1キロのにがうり

(作り方)

1. 縦半分に切り、種を出したにがうりを厚さ8ミリ~1センチに切り、多めの水を沸騰させ、さっとゆで、すぐにざるにあげ水を切る。
2.合わせ調味料に①を入れ、ほぼ汁がなくなるまで煮詰める

初めの状態
初めの状態

この状態になるまで煮詰める
この状態になるまで煮詰める

※煮詰めるまで案外時間がかかります。とろ火でゆっくりと・・

3.最後に削り節を入れて、よくからませる。

にがうりの佃煮の出来上がり
にがうりの佃煮の出来上がり

さて、お味は?・・

しっかり甘辛く味付けされて、程よくにがうりの苦さを感じる、ごはんのお供にぴったりのおいしさ。お弁当のおかずが足りない時に、「これがあった!」と頼もしい存在にもなってくれそうです。

という事で、一年保存ができるそうですが、あっという間になくなってしまいそうなにがうりの佃煮です。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者