九州パンケーキの村岡浩司さん、鹿児島でトークライブ開催!

村岡浩司さんは、宮崎を拠点に九州全体を盛り上げるビジネスを展開しています。
九州各県の素材で開発した「九州パンケーキ」は数々の賞を受賞し、海外にも販路を拡大。地方を元気づけるその発想が注目を集める村岡さんが、このほど本を出版しました。

その名も『九州バカ~世界とつながる地元創生起業論~』。

7月7日、出版を記念してのトークライブが鹿児島で開かれます。

その実現には、ひとりの女性の熱い思いがありました。鹿児島市在住のブックライター、横山瑠美さんです。

「去年の『鹿児島の食とデザイン』という県主催のイベントの講師が、村岡浩司さんだったんです。もともと九州パンケーキが好きで、村岡さんにも興味があったので講演を聞きに行ったのですが、視点が新鮮でお話が上手、笑ったり感動したりしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。」

村岡さんの生き方、考え方に心をつかまれ、この人のお役にたちたい!と思った横山さん。講演を終えた村岡さんに思いきって声をかけ、交流が始まりました。

昨年11月と12月には、村岡さんの仕事をこの目で確かめようと宮崎を訪問。

村岡さんが、廃校の校舎を、起業家向けのコワーキングスペースやシェアオフィスとして再生させたMUKASA-HUB(ムカサハブ)も訪ねました。

「村岡さんは、九州をひとつの大きな島ととらえて、その多様な魅力を、北海道のようなブランドイメージをつくって、売り出そうとしているんだと思います。あくまでも拠点を宮崎において、ビジネスとして成立させながら、地域にも還元していく。ものすごく熱い方です。」と横山さん。

『九州バカ』は、村岡さんの初の著書。初めて会った時に、準備が進んでいると聞いていた横山さんは、その出版を心待ちにしていました。

「すぐに読んで感想を送りました。鹿児島県では、まだ出版記念イベントの予定がないとのことだったので、私がやります!と。鹿児島のみなさんに、村岡さんの話を聞いてほしくて企画しました。鹿児島の魅力を発信するような仕事の方には、ぜひ聞いて役立ててほしいと思います。」

九州を盛り上げようと奔走する自称「九州バカ」の村岡浩司さんと、その思いに熱く共感するブックライターの横山瑠美さん。お二人のやりとりが楽しみなトークライブは、7月7日の七夕に開かれます。

『九州バカ~世界とつながる地元創生起業論~』出版記念
村岡浩司さんトークライブ

7月7日(土)
14時~16時(受付13時30分~)
マルヤガーデンズ5F アートギャラリー
参加費 1,500円 定員50名
(事前にお申し込み下さい)

※マルヤガーデンズのジュンク堂書店鹿児島店または当日会場で
書籍『九州バカ』を購入した参加者には、
会場受付でのレシート提示で
「九州パンケーキミックス」1袋がプレゼントされるそうです。

申し込みはhttp://u0u1.net/K3LX
またはTEL: 090-4480-2207
(担当 横山さん)

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者