てのん学校トークショー開催

大隅横川駅のレトロ駅舎にて開催中 竹之内直記さんの版画展


執筆:

伊佐市にアトリエを構え、世界を舞台に活動する美術家竹之内直記さんから、てのんに一通のはがきが届きました。

伊佐市にアトリエを構え、世界を舞台に活動する美術家竹之内直記さん

4月28日からはじまる作品展のお知らせです。
場所は霧島市の大隅横川駅。築100年をこえる、国の登録有形文化財の駅舎での開催です。
初日にさっそく出かけてきました。

大隅横川駅
大隅横川駅
改札を出てすぐ右
改札を出てすぐ右
ステーションギャラリー
ステーションギャラリー

今回展示されている作品は、木版画38点。これまで制作してきた作品の中から、竹之内さんご自身が「いま、気になる作品」を集めました。今回新たに摺ったものもあります。

「森の恵み」
「森の恵み」
「大地の詩」
「大地の詩」
「彼の人へ」
「彼の人へ」
今年2月に亡くなった石牟礼道子さんの新聞連載のために制作した版画も
今年2月に亡くなった石牟礼道子さんの新聞連載のために制作した版画も

竹之内さん、なぜこの駅で作品展を開いたのでしょう?

「母がここの出でね。小さいころ何度か来たことがあって縁がある場所。天井が高くていい空間なのに、ふだん使われてないから、作品展をしてみようと思って。」
展示のためのパネルも手作りです。
お話をうかがっていると、ちょうど観光列車「はやとの風」が到着。静かな駅が、しばしにぎやかに。

はやとの風
はやとの風
しばらく停車
しばらく停車
お客さんが訪れます
お客さんが訪れます

「汽車の旅も、たまにはいいもんです。隼人からの上り坂は、木が線路に近くて新緑のトンネル、いいですよ。てのんで来て下さい。」
さりげなく「てのん」をしのばせて下さる茶目っ気も。

竹之内直記さん
竹之内直記さん

竹之内さんの木版画は、見つめていると、心が柔らかくほぐれていくような心地になりました。ゴールデンウイークの一日、その世界にふれる旅に出かけてみませんか。

竹之内直記 版画展

4月28日(土)~5月6日(日)
10時30分~17時
霧島市大隅横川駅にて開催中!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者