てのん学校トークショー開催

雲仙きのこ本舗のきのこセットで秋の味覚「舞茸ごはん」を作りました!


執筆:

毎年秋に届く、雲仙きのこ本舗のきのこセット。

毎年秋に届く、雲仙きのこ本舗のきのこセット。

朝採りきのこを届けてくれるそうで、箱を開けると、みずみずしいしいきのこ類が顔を出します。

朝採りきのこを届けてくれるそうで、箱を開けると、みずみずしいしいきのこ類が顔を出します。

今回は、箱に入っていたレシピ集を少しアレンジした母直伝の「舞茸ごはん」をご紹介します。

今回は、箱に入っていたレシピ集を少しアレンジした母直伝の「舞茸ごはん」をご紹介します。

材料

・米 3合

・水は4合分

・舞茸・・市販のものだったら、2パックから3パック

・白だし 50㏄

・塩 小さじ半分

・だし昆布 10センチほど

・パック入り出汁 一袋・・味の兵四郎 「あご入 兵四郎だし」を使用

※ 顆粒だしだったら、小さじ山もり一杯程度

  1. 4合分の水の中に、昆布を浸し、柔らかくなったら2ミリ幅の短冊にはさみで切る(昆布も一緒に食べます)
  2. パック入り出汁、白だし、塩を入れ煮たたせる。
    4合分の水の中に、昆布を浸し、柔らかくなったら2ミリ幅の短冊にはさみで切る(昆布も一緒に食べます) パック入り出汁、白だし、塩を入れ煮たたせる。
  3. 出汁が沸いてきたら、適当な大きさに分けた舞茸を入れ、舞茸に火が通ったら、あまり煮ないようにして火を止める。
    出汁が沸いてきたら、適当な大きさに分けた舞茸を入れ、舞茸に火が通ったら、あまり煮ないようにして火を止める。
  4. 舞茸と刻んだ昆布はざるに挙げ、煮汁と分ける。
    煮汁は、コーヒーのような色になりますよ。
    舞茸と刻んだ昆布はざるに挙げ、煮汁と分ける。 煮汁は、コーヒーのような色になりますよ。
  5. 煮汁が少し冷めてからお米の中に入れ、20分~30分浸しておく。
    そのあと、炊きます。
    ※私は鍋で炊きましたが、もちろん炊飯器でもOK。
舞茸の煮汁で炊いたごはん
舞茸の煮汁で炊いたごはん

炊き上がったら、別にしていた舞茸と昆布を入れ、ざっくり混ぜる。
ご飯と舞茸がなじむように蓋をしたまま5分程度置きます。
舞茸だけのシンプル炊き込みご飯の出来上がり!
舞茸だけのシンプル炊き込みご飯の出来上がり!

舞茸の香りと、シャキシャキとした歯ごたえが口の中に広がり、美味しいですよ。
秋を感じる炊き込みご飯です。
他のきのこは・・・
他のきのこは・・・

いろんなきのこ料理がありますが、こちらもシンプルに「きのこ鍋」にしていただきました。
いろんなきのこ料理がありますが、こちらもシンプルに「きのこ鍋」にしていただきました。
鍋料理が恋しい季節になりましたね。












data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″


この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者