てのん学校トークショー開催

子ども食堂ってどんなとこ?…森の玉里子ども食堂はみんなの居場所


執筆:

子どもたちにあたたかい手づくりごはんをたっぷり食べてもらって元気に育ってほしい…

そんな願いから全国各地に子ども食堂が誕生しています。
去年6月、鹿児島で初めての子ども食堂が出来ました。

森の玉里子ども食堂です。どんなところなんでしょうか?
金曜日の夕方5時を過ぎ、鹿児島市の団地の福祉館に親子連れが次々とやって来ます。

玉里団地福祉館
玉里団地福祉館

6時からこの町の子ども食堂が開店するのです。

6時からこの町の子ども食堂が開店するのです。

ごはんの仕込みはお昼過ぎから始まります。

ごはんの仕込みはお昼過ぎから始まります。

腕を奮っているのは、この近くに住むボランティアさんたち。

子育てを終えた60代のお母さんたちが戦力です。

子育てを終えた60代のお母さんたちが戦力です。

「夫とふたり暮らし。私にも何かできる事があればと思っていた頃にこの話を聞いて即、参加しました。」

「夫とふたり暮らし。私にも何かできる事があればと思っていた頃にこの話を聞いて即、参加しました。」

「子どもたちにいかに野菜をたくさん食べてもらうか…腕の見せどころ!」

「子どもたちにいかに野菜をたくさん食べてもらうか…腕の見せどころ!」

「花の60代ですよ!」と、みなさん生き生きしています。

「花の60代ですよ!」と、みなさん生き生きしています。

ボランティアの最高齢は、上久木田セツ子さん。80代です!

ボランティアの最高齢は、上久木田セツ子さん。80代です!

「夫が亡くなった頃、ちょうどこの食堂が出来て。ここに来るだけで嬉しくて、元気が出ます。きっと夫が繋いでくれたんでしょう。」

「夫が亡くなった頃、ちょうどこの食堂が出来て。ここに来るだけで嬉しくて、元気が出ます。きっと夫が繋いでくれたんでしょう。」

食材の多くが、この活動に賛同して下さった企業や個人から提供されたもの。

食材の多くが、この活動に賛同して下さった企業や個人から提供されたもの。食材の多くが、この活動に賛同して下さった企業や個人から提供されたもの。

メンバーの中にいる栄養士さんが、旬の野菜をふんだんに使った献立を立てて、料理自慢のお母さんたちが手慣れた様子で、チャキチャキと70食分のごはんを作ります。

メンバーの中にいる栄養士さんが、旬の野菜をふんだんに使った献立を立てて、料理自慢のお母さんたちが手慣れた様子で、チャキチャキと70食分のごはんを作ります。メンバーの中にいる栄養士さんが、旬の野菜をふんだんに使った献立を立てて、料理自慢のお母さんたちが手慣れた様子で、チャキチャキと70食分のごはんを作ります。

子ども食堂の立ち上げスタッフ園田愛美さん。

子ども食堂の立ち上げスタッフ園田愛美さん。

5歳、1歳10ヶ月、5ヶ月の小さな3人の女の子のお母さんです。

この地域に住む園田さんは、どうしてもこの地域に子ども食堂のような場所がほしかったそうです。

園田さんは小学校の先生。現在育児休業中。
園田さんは小学校の先生。現在育児休業中。

「私はこの地域で育ってきました。小さい頃は、お隣さんに上がり込んでご飯をご馳走になったり、イタズラをしたら近所のおじさんから怒られたり、そんなことが当たり前のようにありました。でも今、母親になって、よその子にご飯を食べさせたりして良いのかな?こんなことしたら、お節介かな?って思うことが多くなって。大人も子どもも遠慮なく、お互いの息づかいを感じ合えるような場があったらいいなぁと。

私の子どももそんな中で育ってほしいなぁと思いました。」

園田さんの思いを受け止め、子ども食堂の代表を務めて下さったのが、鹿児島大学で生活者の視点に立った家庭科教育を専門としてきた齋藤美保子先生です。

森の玉里子ども食堂 代表 齋藤美保子先生(鹿児島大学教育学部 准教授)
森の玉里子ども食堂 代表 齋藤美保子先生
(鹿児島大学教育学部 准教授)

「孤食や偏食など子どもの貧困問題を背景に子ども食堂が全国的にどんどん増えてきています。貧困問題の根本的な解決も必要です。

でもまずは、子どもも親も、人が繋がり合ってホッとできる居場所づくりが大事。それが食べ物を通して出来るってことが、また素晴らしいことです。」

食堂開店前のミーティングが始まりました。

食堂開店前のミーティングが始まりました。

高校生や大学生などの若いボランティアさんも参加しています。

高校生や大学生などの若いボランティアさんも参加しています。高校生や大学生などの若いボランティアさんも参加しています。

園田さんのお子さんの面倒を別の人が見て下さったり

園田さんのお子さんの面倒を別の人が見て下さったり

子どもにお勉強を教える人がいたりと…

ここでは、よその子も自分の子です!
ここでは、よその子も自分の子です!

大きなお家のような雰囲気です。

リラックスモード全開の子も…
リラックスモード全開の子も…

別の場所では、絵本の読み聞かせも始まっていました。

食事前には絵本の読み聞かせもあります!
食事前には絵本の読み聞かせもあります!

さて、この日のメニューは…

サケのグラタン
サケのグラタン
冬瓜と豚肉の味噌炒め
冬瓜と豚肉の味噌炒め
カボチャのポタージュ
カボチャのポタージュ

野菜たっぷり白菜サラダ、ちょこっとカレー等々…
季節の食材をふんだんに使ったメニューです。

当日、野菜をいただくことも!
当日、野菜をいただくことも!

この日、持ち込まれたサツマイモとオクラと卵も、臨機応変に…

サツマイモとオクラは天ぷらに
サツマイモとオクラは天ぷらに
卵は卵焼きに
卵は卵焼きに

その日メニューに追加されました。

その日メニューに追加されました。

この日は、玄米おにぎりの差し入れもありました。

この日は、玄米おにぎりの差し入れもありました。

午後6時。
子ども食堂の開店です。続々と親子が集まってきました。

バイキング会食です!
バイキング会食です!
子どもは無料(高校生まで) 大人は300円
子どもは無料(高校生まで)
大人は300円

ズラーっと並んだ美味しそうな出来立てのごはんに…

ズラーっと並んだ美味しそうな出来立てのごはんに…

「これなんだろう?」「冬瓜だよ!」

「これなんだろう?」「冬瓜だよ!」「これなんだろう?」「冬瓜だよ!」

「お芋さんだ。美味しそう!」

「お芋さんだ。美味しそう!」「お芋さんだ。美味しそう!」

みんなでワイワイしながらの夕ごはんが始まりました。
参加者からは、こんな声が聞こえてきました。

みんなでワイワイしながらの夕ごはんが始まりました。みんなでワイワイしながらの夕ごはんが始まりました。

「お父さんの仕事が終わるのが遅いので、夕食は、子どもたちと私だけで食べることが多いです。こんな風に、大勢でご飯が食べられて楽しいです。」

投稿者: てのん記者