戦争体験vol.4ひとりで中国へ。帰国後は鹿児島で空襲も体験

1941年12月8日、太平洋戦争が始まりました。3年9か月に及ぶ戦争では、多くの人が命を落としました。 今日はそんな時代を生き抜いた、鹿児島市の朝倉田鶴(たづ)さんにお話をうかがいました。 戦争はやったらいかん、あったら […]

夏休みの自由研究・ぼくのご先祖様は調所広郷さん!歴史を訪ねる旅

去年の夏 子どもたちと歴史を楽しく学ぶ会で、薩摩の財政改革の救世主、調所笑左衛門さんを取り上げ、調所さんのオリジナル紙芝居を披露しました。 そこにお母さんが調所さんの7代目子孫という川原さんご一家が来ていました。 息子の […]

大河ドラマ「西郷どん」にも登場!福昌寺跡に眠る調所広郷さん!

鹿児島の偉人というと、真っ先に西郷さん、大久保さんをあげる人が多いと思いますが… この人がいなかったら、薩摩の明治維新での活躍はなかったかも… 今回は、薩摩の影の立役者、調所笑左衛門広郷さんのお話をご紹介します。 鹿児島 […]

(西郷どん)隠れた史跡・福昌寺跡~薩摩の名君たちが静かに眠る場所~

来年は、明治維新150年。大河ドラマ「せごどん」も始まり、鹿児島の歴史が注目されそうです。 鹿児島には多くの史跡がありますが、福昌寺跡もそのひとつ。 歴史好きにはたまらない、知る人ぞ知る史跡です。 福昌寺跡は、鹿児島市の […]

南九州市頴娃町馬渡地区 男の居場所「だんだん」の収穫祭はシニア住民の宴!

南九州市頴娃町・馬渡地区の「だんだん」というところで、小さな収穫祭があると聞いてやってきました。 JR指宿枕崎線の御領駅近くが会場のはずなのですが、行ってみても、車が数台あるばかりで人影がありません。間違えたかな…と思っ […]

生きがいは身近なところに 毎日を楽しく生きる達人 馬込和夫さんパート2

11月7日。この日入港するのは、スーパースターヴァーゴ。間もなく接岸です。馬込さんは…と見回すと、発見! 両手に様々な国旗を振りながら、船に向かって中国語で呼びかけています。 「今日はね、中国のお客さんが一番たくさん乗っ […]

生きがいは身近なところに 毎日を楽しく生きる達人 馬込和夫さんパート1

11月1日、年賀はがきの発売日、午前9時。どうしても会ってみたい人がいて、鹿児島中央郵便局の前で「出待ち」することにしました。 その人の名は、馬込和夫さん72歳。毎年1番乗りで年賀はがきを買う、ちょっとした有名人。なんだ […]

工房しょうぶを訪ねて② 光を放つ独創性「ありのままでいること」

しょうぶ学園では、22年前、思い切ってものづくりの下請け作業を廃止しました。 それは、「与えられる」から「創り出す」ものづくりへの転換でした。 すると、一人ひとりの個性的な創作活動が大きく花開いていきました。 布の工房 […]

工房しょうぶを訪ねて①障がい者施設・しょうぶ学園全体がアート空間

てのんの取材がきっかけとなって、鹿児島での障がい児教育の草創期を担った、大坪敏夫先生としょうぶ学園の理事長・福森悦子先生が55年ぶりの再会をしたお話をご紹介しました。 今回は、そのしょうぶ学園で行われている独創的なものづ […]

子ども食堂ってどんなとこ?…森の玉里子ども食堂はみんなの居場所

子どもたちにあたたかい手づくりごはんをたっぷり食べてもらって元気に育ってほしい… そんな願いから全国各地に子ども食堂が誕生しています。 去年6月、鹿児島で初めての子ども食堂が出来ました。 森の玉里子ども食堂です。どんなと […]

日置市のしょうたのみせは障がいのある息子のために母が作った花と野菜の店

「しょうたのみせ」は、東市来町長里の、田んぼが広がるのどかなところにあります。 花に囲まれた小さなお店です。 地元の野菜やお米、お茶などが売られています。 店のあるじは、東峯昭太さん、34歳。 毎日4時半に起きて、自転車 […]

迷い犬のはち♪~優しい飼い主さんと…第2の犬生ものがたり~

「はち~元気だねぇ~」「よしよし♪」はちはこの町のちょっとした人気者です! でも、はちにはちょっとつらい過去がありました。 ラブラドールのはちです! 今3歳。人間でいえば28歳くらい。男盛り、結構イケメンでしょ! 元気盛 […]

Scroll Up