てのん学校トークショー開催

バジルペーストでいつもの食材が華やかに ぎゅっとつまったさわやかな香り 


執筆:

バジルはシソ科の植物で、イタリア料理でおなじみのハーブ

バジルはシソ科の植物で、イタリア料理でおなじみのハーブ。葉をちぎると目の覚めるような香りが広がって、料理に使うと食卓が華やぎます。

鉢でも地植えでも、育てやすくてぐんぐん大きくなり、一株あるととっても重宝します。

初霜とともに命を終えてしまうので、この時期が収穫のラストチャンス。

いつでもバジルの香りを楽しめるように、我が家ではペーストにして冷凍しておきます。

バジルの葉を手摘みで収穫

大株になったバジルの葉を一枚一枚摘み取るのは、思いのほか時間のかかる作業。刈り取って室内に持ち込み、座って気長に。部屋中にひろがるバジルの香りに思わず深呼吸してしまいます。

バジルの葉を手摘みで収穫

混ぜるのはにんにく・松の実・エキストラバージンオリーブオイル

我が家で作るバジルペーストはバジル、にんにく、松の実、エキストラバージンオリーブオイル、塩を混ぜたもの。

フードプロセッサに、にんにくと松の実を入れて撹拌、細かくなったらバジルを入れてさらに混ぜ、バジルが少し細かくなったらオリーブオイルと塩を加えてまぜ、様子を見ながらオイルを足してペースト状になったらできあがり。

今年作ったものは、バジル80gに、ニンニク2かけ、松の実10g、塩小さじ1、エキストラバージンオリーブオイル適量です。

今年はバジルおよそ300g分のペーストが 出来ました
今年はバジルおよそ300g分のペーストが出来ました

チャックシール付の保存袋に入れて空気を抜き、板状にして冷凍すると、必要な分だけパキッと折って使えて便利です。

試して広がるおいしい組み合わせ

自家製ならではのたっぷりのバジルペースト。

出番がパスタやピザだけじゃもったいない!といろいろな食材に合わせてみたら、おいしい組み合わせが見つかって、家族が喜ぶ味が増えました。

蒸したてあつあつの里芋にバジルペースト+アンチョビペーストを添えて
蒸したてあつあつの里芋にバジルペースト+アンチョビペーストを添えて

きびなごのバジルペースト焼き
きびなごのバジルペースト焼き

グリルで焼いた色々きのこをバジルペーストであえて
グリルで焼いた色々きのこをバジルペーストであえて

秋は美味しいものがいっぱい。すっきりとしたバジルの香りが加わると、ついつい食がすすみます。

夏の間わさわさと繁っていたバジルがいなくなって、すこし寂しくなった我が家の家庭菜園には、ただいまジャガイモが成長中。

次はジャガイモにバジルペーストを合わせてみようかな。












data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″


この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者