鹿児島のちいさな秋 身近なところで秋をさがして心さわやかに


執筆:

鹿児島はこのところ、最高気温が30度を超える日が続き、夏に逆戻りしたよう。それでも、朝夕はひんやりした空気につつまれて、日が暮れるのも早くなり、季節はすこしずつ歩を進めています。あちこちに顔をのぞかせている秋を探してお散歩にでかけました。

秋をさがして心さわやかに

彼岸花が朝日を浴びて
彼岸花が朝日を浴びて

彼岸花が朝日を浴びて

黄金色の田んぼに白く光る無数の羽根が…と思ったら、たくさんの蜘蛛の巣についた朝露の輝きでした。

早朝の江口浜 遠くにうっすら金峰山
早朝の江口浜
遠くにうっすら金峰山

江口浜を散歩していたら、青々とした松かさが。そういえば新松子(しんちぢり)は秋の季語だったような。

日吉町の山あいに残る、南薩線の上日置駅跡へ足を延ばしました。

石造りの給水塔とホームが残る
石造りの給水塔とホームが残る

大正3年に開業し、昭和59年に廃線となった南薩鉄道。昭和20年3月18日には、上日置駅を出たばかりの列車が機銃掃射をうけ、近くの大田トンネルに全速力で逃げ込んだものの、3人の方が亡くなり、多くのけが人が出たそうです。

山の向こうまで続く線路のあと
山の向こうまで続く線路のあと

たくさんのトンボが飛び交い、聞こえるのは風の音だけ。近くの茂みには、アケビが実をつけていました。

近くの茂みには、アケビが実をつけていました。

ノブドウの実も
ノブドウの実も

家に帰ると、小さなお客さんがやってきました。我が家では「こんこんどり」とよんでいるヤマガラです。この時期、エゴノキの実を食べにやってくるご常連。

我が家では「こんこんどり」とよんでいるヤマガラです
こんこんこんっと枝に実を打ちつける音がひびくと、あっ秋がやってきたと思うのです。
草木やちいさな生き物たちが教えてくれる秋の訪れ。身近な場所でのお散歩は、心の衣替えができる気持ちのいいひとときです。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者