平和について学び考える集い 子や孫たちに伝えたいと始まった手作り講演会


執筆:

 

日置市の伊集院キリスト教会では、2015年8月から毎年、戦争体験をお持ちの方のお話を聞く「平和セミナー」を開いています。

はじまりは、この教会に通う安藤ヤス子さんの思いからでした。ご自身も戦争を知る世代で、台湾からの引揚げを体験。平和のために何かしたいと、戦争体験を聞く会を提案したのです。

伊集院キリスト教会の麦野節子さんと安藤ヤス子さん
伊集院キリスト教会の
麦野節子さんと安藤ヤス子さん

「平和って、とても大切なこと。若い方たちに、戦争ってどんなものかを感じていただいて、平和について考えていただけたらと思ったんです。」と安藤さん。

伊集院キリスト教会では、以前から8月には平和礼拝をしてきましたが、安藤さんの提案を受けて平和セミナーを開催。

これまで、空襲や満州からの引揚げなど、貴重な体験が語られてきました。今年は、さらに深く学んでもらおうと、中学校の社会科の先生、山元研二さんを講師に招くことになりました。

「山本先生は、戦争体験を集めたり戦争ゆかりの場所について調べたりなさってる方なんです。お若い方が、戦争と平和について熱心に取り組んでらっしゃるってすごいことですし、とっても勉強になると思いまして、お話していただくことになりました。」

安藤さんの思いを受け止め、セミナーを運営してきた伊集院キリスト教会の麦野節子さんは、
「今回は『平和をつくる』がテーマ。ぜひ、たくさんの子どもたち、お父さんお母さん、若い世代の方たちに聞いてほしいです。」
と話します。

8月は、広島・長崎の原爆忌、そして終戦の日と、戦争や平和、命について思うことの多い月です。こうした集いに参加して、静かに考える時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

日時 2018年8月19日(日)
場所 日置市伊集院町下谷口1520 伊集院キリスト教会
時間 13:00~15:00
参加費 無料

お問い合わせ

伊集院キリスト教会
TEL: 099-273-1280
担当:麦野節子さん

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者