てのん学校トークショー開催

さつまいもとりんごのレシピ 簡単!ヘルシー!秋のあったかおやつ


執筆:

秋が深まり、焼き芋が恋しい季節。今年もお隣さんから、さつまいものおすそわけをいただきました。

紅はるか、安納芋、紫芋…、品種も形もとりどりの自家製さつまいもを、ごろんごろんと盛大に!なんだかうきうきしてしまいます。

紅はるか、安納芋、紫芋…、品種も形もとりどりの自家製さつまいもを、ごろんごろんと盛大に

さっそく、さつまいものあったかおやつを作ることにしました。合わせるのは、これまた秋の味、りんご。

なかでも紅玉は、甘酸っぱくて、火を通すととろんとして、この時期必ず食べたくなるりんごです。

レモンも、この時期は採れたての国産が手に入るので、フレッシュな香りが楽しめます。

紅玉は、甘酸っぱくて、火を通すととろんとして、この時期必ず食べたくなるりんご

さつまいもは、よく洗って、皮付きのままアルミホイルに包んで、魚焼きグリルで15分ほど焼きます。

大きなさつまいもは、縦半分に切ってそれぞれアルミホイルに包んで焼くと、火が通りやすいです。

さつまいもは、よく洗って、皮付きのままアルミホイルに包んで、魚焼きグリルで15分ほど焼きます。

りんごは、皮付きのまま四つに切り分け、それぞれ8ミリ幅くらいのいちょう切りにします。

お鍋にバター30グラムを入れて弱火で溶かし、りんごを入れて軽く炒め、はちみつ大さじ1とレモン汁2分の1個分を加えて軽く混ぜ、シナモン2分の1本(シナモンパウダー少々でも)を入れてふたをし、弱火で10分くらい煮ます。

りんごは、皮付きのまま四つに切り分け、それぞれ8ミリ幅くらいのいちょう切りにします。

10分ほど煮るとこんな感じ
10分ほど煮るとこんな感じ

さつまいもが焼けたら、皮をとり、8ミリ幅くらいに切り分け、リンゴを煮ているお鍋に入れて全体をなじませ、ふたをして3分ほど弱火で煮ます。

あとはふたを取り、大きく混ぜながらしばらく煮ます。とろけたりんごがさつまいもにからみ、すこし照りが出たらできあがり!

あとはふたを取り、大きく混ぜながらしばらく煮ます

さつまいもを混ぜ込んだところ
さつまいもを混ぜ込んだところ
出来上がり♪
出来上がり♪

さつまいもは、焼くとぐっと甘くなり、なにより食感がほっくり。そこに、紅玉やレモンの酸味が加わってさわやかに。味付けがひかえめな分、素材の味を満喫できます。おやつはもちろん、豚肉料理にも、意外と合いますよ。

木枯し吹く日も小春日も、お芋とりんごのやさしい味わいが、元気をくれそうです。










data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″


この記事が気に入ったら
いいね ! してね

投稿者: てのん記者