鹿児島師範学校の私たちにも軍需工場へ行くようにという命令が下ったのです。